So-net無料ブログ作成

シーナ&ロケッツのシーナ死去。夫でギタリストの鮎川誠「幸せでした」 [カルチャー]





日本を代表するロックバンド”シーナ&ロケッツ”の
ボーカリスト シーナさんが子宮頸がんのため死去。
61歳という若さでした。


fm_fukuoka.jpg
www.fukuoka-motorshow.jp

ロック界のおしどり夫婦としても有名でした。

”シーナ&ザ・ロケッツ”というバンド名の方が
しっくり来るかな?
1980年に『夜のヒットスタジオ』という音楽番組に
出演した際には”シーナ&ザ・ロケット”と
表記されていましたw。

「You May Dream」


最近は”シーナ&ロケッツ”で統一されているみたいです。

シーナ&ロケッツといえば、うるさくて小難しい
洋楽ロックファンも認める日本のR&Rバンドという
イメージがあります。

シーナさんのボーカルももちろんカッコいいのですが、
正直なところ、やはり鮎川誠のギターが一番の魅力だったりw。

特段派手ではないものの、
ブルースギターに裏打ちされた確かなフレージングは
数々の名演を聴かせてくれています。

代表曲はいろいろあると思いますが、
やはりこれですかね。

「レモンティー」


まあ、まんま「Train kept a rollin」ですよね!
これをどうどうと自分たちのものにしてしまうのが
シナロケなんですよねw。

鮎川誠のインスピレーションの源となっていたのが、
シーナさんの存在、そしてパフォーマンスだったのでは
ないでしょうか。

1982年には細野晴臣プロデュースによるソロアルバム
『いつだってビューティフル』を発表しています。



どうしても硬派なイメージがありますけど、
テクノポップ全盛の影響を受けたのか、
ずいぶんとラブリーなガールズポップ調の
アルバムに仕上がっているみたいですw。
いろんな側面があるのが彼女の魅力なんですね。

今でこそ女性アーティストは珍しくもありませんが、
その道筋をつくったひとりがシーナさんなのでしょう。

素晴らしいロックアーティストがまた一人
旅立ってしまいました。

Sponsored Link

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。