So-net無料ブログ作成
検索選択

【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件 [社会]






もう言葉は必要ありませんw。
このふたつの図を見たら、
「あ、そーいうことだったのね」と、
直観できること請け合いですw。

7f652d33.jpg

099fa78f.jpg

http://mona-news.com/archives/39931147.html

内輪のお手盛りコンペ丸出しですw。
まあ、日本社会の良いところが
悪い形で表出してしまったのでしょう。
良いことをしてもらったから、
良いことをして返してあげよう、というw。

審査員を務めた電通出身の高崎卓馬氏や、
博報堂の後輩の長嶋りかこ氏も
ウカウカしてられない状況じゃないでしょうかw。

これは非常に円満な仲間関係を築けますが、
その反面、汚職や収賄といった組織の腐敗を
進めてしまう傾向があるようです。

このような負のサイクルを
「駄サイクル」というそうです。

75940efe.jpg
http://mona-news.com/archives/39931147.html

<駄サイクルの概要>
●駄サイクルの輪の中で需要と供給が成立し、
 自称ア~チストが何人か集まって、
 見る→ホメる→作る→ホメられる→見る→ホメる(以下略)
 を繰り返している。
●自己顕示欲を満たすための完成された空間。
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%A7%84%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

まさに、今回の五輪盗作疑惑の核心はこれでしょうね。
電博の広告クリエイター仲良しグループと
省庁や五輪の選考委員会などが「駄サイクルの輪」を形成し、
お互いに賞を与え合っていた構図が出来上がっていたわけです。

あまり知られていないのかもしれませんが、
広告賞というのが結構いくつもあります。

●広告電通賞
●消費者のためになった広告コンクール
●新聞広告賞
●朝日広告賞
●読売広告大賞
●毎日広告デザイン
●フジサンケイグループ広告大賞
日経広告賞
●日本雑誌広告賞
●ACC CMフェスティバル
●ADC賞
●JAGDA新人賞
●TCC賞

…などなど。
これらの賞に選ばれるのは、
たいてい莫大な広告費をかけてタレントを起用し、
有名なコピーライターやアートディレクターが手がけた
立派な広告やCMが受賞するのが通例となっております。

A賞を受賞したコピーライターがB賞の審査員を務め、
A賞を審査したアートディレクターがB賞を受賞する…
なんてことが行われている可能性があります。
まさに、「駄サイクルの輪」ですねw。

今回、テレビなどの大手マスコミ各社は、
このパクリ疑惑についての報道は極めて控えめです。
大手広告代理店は、CMをつくっている”仲間”ですからねw。

佐野氏のパクリ疑惑の数々は、
すべてネットから広がっています。

電博に入社できた一部のエリート層が形成した
「駄サイクルの輪」は、ネットの力で暴露されました。

ネットは最強の「民主ツール」と
いえるのではないでしょうか。

まあ、そのパワーの源となっているのは、
ジェラシーなんでしょうがw。





Sponsored Link

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。