So-net無料ブログ作成

【佐野研二郎五輪盗作】パクリエイター・佐野研二郎はなぜこんなにも嫌われるのか?? [社会]






佐野バッシングがこれでもかというくらい
展開されていますが、なぜそんなにも嫌われるのか?

その輝かしい経歴によりジェラシーを持たれやすく、
ちょっとしたミスでネット民から批判される、
という傾向はあるでしょう。

嫌われ&ジェラシー要素
①多摩美術大学出身
②博報堂出身のアートディレクター
③数々の受賞歴
④受賞した賞にまつわる「駄サイクル」疑惑
(参照→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14-1
⑤在日の疑い
⑥五輪盗作疑惑が発覚した際の対応の悪さ

叩かれる要素満載ですw。
彼をリスペクトし賛美する人ももちろんたくさんいる(いた)のですが、
それと同数かそれ以上のアンチが潜在的にいます。

同じく博報堂出身のアートディレクター佐藤可士和氏も、
ファンとそれと同数以上かもしれないアンチがいることで
知られています。

彼が手がけたユニクロやGUのロゴはシンプル過ぎて
「誰でも作れる」と叩かれ、セブンカフェのデザインは
スタイリッシュ過ぎてボタンの位置がわかりにくく、
店員にPOPを貼られまくっている…と批判されております。

キャンペーン.jpg

↓セブンカフェ 佐藤氏オリジナル
tumblr_mpblf9U3ZY1sxag89o1_500.jpg

↓セブンカフェ 店員POPアレンジ
tumblr_mpqei5Jk6z1sxag89o1_1280.jpg
http://jamblog.sblo.jp/article/75831324.html

揚げ足取りに見える批判もあるのですが、
ミスがあると徹底的に叩かれる、という傾向は、
大手広告代理店出身で多数の受賞歴を誇る
アートディレクターの宿命かもしれません。


やはり「辞退」しか道がなかった…?

リエージュ劇場のロゴ制作者である
オリビエ・ドビ氏からの差止め要求を受け、
佐野氏は8月5日に釈明会見を開きました。

20150805125038opip.jpg
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7470.html

これがよくありませんでしたねw。

真ん中にTがあって、フォントがどうで、
楕円が64年のエンブレムをイメージさせ、
9分割して赤い丸を心臓の位置に置いて…

…なんて説明をしていたかと思いますが、
これ、ホントどうでもいい説明どころか、
一般人にしてみるとすべて言い訳にしか聞こえず、
反感しか買わない会見だったと思います。

あの会見で佐野氏が求められていたのは、
ロゴの説明ではなく、「謝罪」と「辞退」の2つでした。

ネット民だけではなく、一般人からも
佐野氏のエンブレムは受け入れられなかったのです。

その理由は、パッと見の華やかさに欠けていたからでしょう。
ポップでかわいらしい招致ロゴが人気でしたので、
それと比べるとどうしても地味さは否めません。

pimg_930_1_1.jpg

あの時点ですでに佐野バッシングは始まっており、
どんなに説明してもエンブレムのデザインは
受け入れられない状況でした。

そんな状況で、佐野氏が取りうる行動は
「謝罪」と「辞退」しかなかった、と考えられます。

この2つさえしていれば、「意外と潔い」という印象になります。
特に日本人は、自分の非を早々と認める潔さが好まれるので、
過去の作品のパクリ疑惑に飛び火してしまうまでの
バッシングには発展しなかった…かもしれません。

遅かれ早かれ、今回のエンブレムは
白紙撤回される可能性は高いと思われますが、
佐野氏の一般的なイメージの回復は難しいでしょう。

それでも、佐野氏は広告代理店の「駄サイクルの輪」に
しっかりと組み込まれています。

これも佐野氏が嫌われる大きな一因なのですが、
この輪に外されない限り、仲間内で仕事は回ってくるのではないか…
という懸念が、一般人をさらに遠ざける結果となるでしょう。


【関連記事】
佐野研二郎パクリ疑惑を追求するネット民の努力がハンパない件

【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件

【佐野研二郎五輪盗作】夫婦で「実務は部下」と主張

【佐野研二郎五輪盗作】「BEACH」作者のベン・ザリコー氏、佐野氏に挑戦状!

【佐野研二郎五輪盗作】ザリコー案、ついに公開!





Sponsored Link

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。