So-net無料ブログ作成

May J.はカバー曲だけ歌っていればOK!あとしばらくは「炎上シンガー」でイケる! [芸能]






エディ・ヴァン・ヘイレン×May J.
奇跡のスーパーグループ結成!?


2016年3月に自叙伝『私のものじゃない、私の歌』をリリースしたMay J.。



バラエティ番組「関ジャニの仕分け∞」のカラオケ企画でブレイクしたわけですが、ソフトバンクの松坂もビックリのどストレートですねw。

matuzaka.jpg

この自叙伝といい、過去のバッシングを振り返って「気にしないようにしていた」「それでも一人で泣いていた」といったテレビ取材でのコメントが「言い訳がましい」と、またバッシングされているようですw。

大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go~ありのままで~」を聴けばわかるのですが、彼女の歌唱力は抜群です。カラオケで高得点が取れるのもわかりますw。

ただ、心に響かない…というのがもっぱらの評判w。

これは、私にとってエディ・ヴァン・ヘイレンのギターが心に響かないのと同じですかねw。

つーことは、「テクニックはあるけど、心に響かない」シンガーのMay J.と無機質ギターのヴァン・ヘイレンがバンドを組めばいいんじゃないでしょうか?

May J.とヴァン・ヘイレンに興味のない私でも、これにはちょっと興味が湧きますねw。


炎上シンガーという新しい生き残り方

「カバー曲ばっかじゃん」というのがMay J.に対するありがちな批判なわけですが、まあ、それでも不思議と一定のファンはいるんですよね。

そして、彼女の存在を際だたせるのが、彼女をバッシングする人たち=ネット民です。
May J.の言動がネット民の癇に障って炎上事案となり、各メディアによってそれが取り上げられ、May J.の知名度はどんどん上がっていく…というのが今までの構図だと思います。

ネット民をザワつかせる3大要素というものがあります。
①パクリ
オリジナルでないものに対して異様な執念で攻撃するのが、ネット民の性質です。
(⇒佐野研二郎パクリ疑惑を追求するネット民の努力がハンパない件)
(⇒【五輪盗作】佐野研二郎氏は「鬼女」に狙われた!)

②言い訳がましい態度
何か問題が発生した際、言い訳がましい発言をするよりは、潔く謝罪したほうが事態の一定の鎮静効果はあるように思います。
しかし、謝罪の仕方を誤ると、乙武くんのように再炎上してしまう可能性もあるから要注意ですw。

③尊大な態度
上から目線も嫌われます。ホリエモンはいつもTwitterでフォロワーとケンカしていますw。

…というわけで、この3つを兼ね備えているのがMay J.なんですw。
①と②は本文中でも説明しましたが、③に関していいますと、「カバー曲をドヤ顔で歌っていてムカつく」という意見も多いんですw。

ネット民に嫌われるというのも、才能の一種ですw。
May J.がネット民の琴線に触れることができるうちは、たとえオリジナルのヒット曲がないとしても、「炎上シンガー」としてやっていけそうです。




Sponsored Link

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。