So-net無料ブログ作成

それでもやっぱり、佐野のがよかった。 [社会]






東京五輪エンブレム、決まりましたねw。
作者は、アーティストの野老朝雄(ところ あさお)氏。

01.jpg

大名古屋ビルヂングの外装デザインを手がけたそうです。
建築畑の方なんでしょう。

th_IMG_0108_20150922015313dd7.jpg

さて、選ばれたエンブレムですが、
江戸時代に広まった「組市松紋」を、
日本の伝統色である藍色で描いています。

ShortlistedEmblems_A.jpg

粋ですね。
渋いですね。
日本ですね。

ま、候補になった4作品と較べてみましょうか。

Biglobe_4051187667_1.jpg

うーん。甲乙つけがたい。
てか、どれもダメでしょぶっちゃけw。

今回選ばれた野老氏作のA案だけ、明らかに異質です。
「a案ありきの出来レース」といわれる所以です。

卓球が大好きなアートディレクター 浅葉克己氏も
「これなら佐野さんのほうがよかった」
といっています。

ちなみに浅葉氏は、旧エンブレムの審査委員を務めた
日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の会長であります。
かの悪名高い「駄サイクル」の輪の中にしっかり組み込まれている人物です。

(⇒【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件)

そして、サノケンは今何処に…??

エンブレムの候補が発表される前日の4月7日、
佐野研二郎氏は東京ADC(アートディレクターズクラブ)の総会に出席。
そこで、浅葉氏とも再会。
総会後の立食パーティーで、サノケンは
「仕事が以前の3分の1に減ってしまった」
と嘆いていたそうな。

これだけパクリ疑惑が噴出したにもかかわらず、
まだ3分の1も仕事があるってことがスゴイですね!


それだけ広告業界の「駄サイクル」の輪が強力だということでしょう。
ブラックカードかフリーメイソンか、てくらいの社会的信用度があります。

しかしまあ、これだったらサノケンのほうがよかったよな…
と思うのは私だけではないはず。

AS20150901002158_comm.jpg

すでに決定していたデザイン案が反故にされてしまった
イギリス国籍の建築家のザハ氏は、3月31日に亡くなってしまいました。

順風満帆だった人生が、ひょうんなはずみでひっくり返る。
やはり、オリンピックには魔物が住んでいるのかもしれません。





Sponsored Link

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。