So-net無料ブログ作成

ゲス乙女ニューアルバム1/13発売!タイトルは『両成敗』というゲスな展開 [芸能]






284ce378.jpg

いやいや、川谷さん、アンタは預言者か??
それとも、とっても計画的な炎上商法??
実は文春や、あのLINEの画像を
自らリークしたと噂されている妻までも共犯関係だった??

becky_bunshun.jpg

なんでもいい。
私はファンになりましたよ。
まさにロックです。
まさにゲスな展開になってきています。




【Amazon.co.jp限定】両成敗(初回生産限定盤)(巾着付き)



本当に両成敗なのか…??

不倫は確かに両成敗なのですが、
ベッキーと川谷絵音の場合はどうでしょうか?

これはどう考えても、ベッキーの方が
多大な犠牲を払う結果になりそうです。

ロックミュージシャンの不倫なんて、
別になんでもないでしょう。
今回の不倫騒動だって、
ニューアルバムの宣伝にもってこいです。

ただ、10本のCMを抱えるベッキーは、マジでヤバイ。
企業は数千万円を払ってイメージアップを図っています。
そのキャラクターが不倫してしまったら、
それは契約違反にほかなりません。

これが、バーニングやジャニーズ所属のタレントだったら
どうだったか。

事態はだいぶ異なっていたでしょう。

宮崎あおいとV6・岡田准一
中山美穂と音楽家の渋谷慶一郎
小泉今日子と俳優・豊原功輔

彼らの不倫騒動は週刊誌ではスクープされましたが、
TVのワイドショーはほとんどスルーしています。

宮崎、中山、小泉はバーニング系、
もしくは芸能界のドン、バーニングの周防郁雄社長との
関係が強いと言われています。
宮崎と不倫関係にあった岡田准一は天下のジャニーズ事務所。
SMAPの稲垣吾郎が公務執行妨害で逮捕された際、
「稲垣容疑者」と呼ぶところを「稲垣メンバー」などと
いらぬ気を利かせていたりと、とにかく各メディアは
ジャニーズのご機嫌を損ねないように注意を払っています。

そして、ベッキーはというと、
老舗の芸能事務所サンミュージック。

ここはいわゆる武闘派的なことは一切なく、
バーニングとも距離を置いている独立系の芸能事務所です。

サンミュージックといえば、自殺した往年のアイドル・岡田有希子や
その後輩にあたる酒井法子などが有名。

この2人に共通しているのは、スキャンダル等があった場合、
マスコミ各社による報道が容赦ないことです。
バーニングやジャニーズが持っている“力”がないのです。

のりピーの覚せい剤事件は連日報道され続け、
岡田有希子にいたっては自殺直後の写真まで掲載されてしまう。
報道の歯止めが効かない状態だったわけです。

こう考えると、やっぱり芸能界はヤクザじゃないと
やっていけないのかもしれません。


違約金は億単位

不倫報道がプロモーションになりそうなゲス乙女とは反対に、
ベッキーは相当な代償を支払うことになりそうです。

サンミュージックの大黒柱・ベッキーがダメになってしまうのも
相当な痛手ですが、スキャンダルで降板となると
億単位の違約金が発生してしまいます。
それが10社あるわけですから、とんでもない金額になってしまいます。

ベッキーの先輩であるのりピーも覚せい剤所持で逮捕された際、
多額の違約金を事務所が支払ったそうですが、
それをカバーしたのが、当時から売れっ子だったベッキー。

不倫両成敗…とはいかないのが実情のような気がします。


関連記事
【ベッキー不倫】CM女王のベッキーがゲスな本当の理由
【ベッキー不倫】ゲス乙女・川谷は"二股体質"というキモすぎの展開







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【ベッキー不倫】ゲス乙女・川谷は"二股体質"というキモすぎの展開 [芸能]






不倫騒動後の生番組『にじいろジーン』に出演したベッキーですが、
普段と変わらずのMCっぷりを披露しました。
ネットでは「鋼メンタル」「これはプロ」などと評されている模様。

前回のブログではベッキーのゲスっぷりを紹介しましたが、
(http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2016-01-08)
不倫相手「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川音絵音はどうかというと、
二股体質”というこれまたゲス過ぎる一面が浮かび上がってきました。

川谷の“関係者”は、「好奇心が旺盛で興味の対象が
分散する傾向も多々ある」と指摘しており、
以下のように川谷の“二股体質”をまとめている。

(1)
バンド 「ゲスの極み乙女。」のほか、10年結成の「indigo la End」
でもメジャーデビュー。「ゲス…」が昨年、NHK紅白歌合戦に
初出場した現在も均等の比重で活動中。

(2)
CD発売 昨年6月17日には、両バンドでシングルCDを同時発売。
一般的に同じレコード会社内でさえ、発売日が重なることは避けるものだが、
同一人物があえて同じ日に発表するのは異例。

(3)
作家活動 絶対に作詞と作曲の両方を担当し、
どちらかに専念することはない。
また、楽曲制作の際は「川谷絵音」と「MC.K」の2種類の名義を持つ。

(4)
学生時代 東京農工大で始めたバンド活動を継続しながら
同大大学院に進学。研究に行き詰まり大学院を中退するまで
「二足のわらじ」を履いていた。

(5)
お笑い 大学時代に音楽より芸人を志向していたが、
吉本興業の「笑い飯」を好きな芸人にしながらも、
テレビ番組などでは「自分が入るなら人力舎だと思っていた」と、
別の芸能事務所を挙げていた。
(スポニチより)

とまあ、多少こじつけ的な部分もありますがw、
ゲス乙女以外のバンド活動をしていたり、
楽曲によってはクレジット名を変えてみたりと、
どっちつかずな姿勢はまさに“二股体質”といえるでしょう。

不倫をするのは時間の問題だったのかもしれません。
それに加え、この本を読んで影響された、
なんてウワサもあったりします。


できる男は不倫する


キモい男はモテるのか??

それにしてもこの顔、
キモいと感じるのは、何も私だけではないでしょう。

「SEKAI NO OWARI」と「ゲスの極み乙女。」の2バンドは
ほとんど一緒みたいな印象を、ファンではない私は受けてしまいます。

「セカオワ」のFukase。これもキモいですね~w。
ちょっと、2人の写真を並べてみましょうか。

fukase_kawtani.jpg

やっぱ普通にキモいですw。
まあ、若い世代には人気あるんでしょうね。
ベッキーも若い世代に入るということでしょうw。

FukaseもTwitterで川谷を擁護していたので、
似た者同士、通じるものはあるのでしょう。
女性の趣味は少々違いますかねw。

若者に人気があるからといって、
無理してカラオケで「ドラゲナーイ、ドラゲナイ♪」
とか歌わないほうがいいでしょう。
イタすぎますからw。




関連記事
【ベッキー不倫】CM女王のベッキーがゲスな本当の理由
ゲス乙女ニューアルバム1/13発売!タイトルは『両成敗』というゲスな展開





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

【ベッキー不倫】CM女王のベッキーがゲスな本当の理由 [芸能]






好感度ナンバーワンが聞いて呆れますw。
あのベッキーが、よりによって「ゲスの極み乙女。」のボーカル
川谷絵音と不倫交際が『週刊文春』でスクープされました。

becky_bunshun.jpg
http://mera.red/x%E5%8D%92%E8%AB%96%EF%BD%97%EF%BD%97%EF%BD%97%EF%BD%97

現在、ベッキーは10本のCMに出演していますが、
1社はすでに打ち切りを決定したそうです。
なんといっても、イメージキャラクターのスキャンダルは、
スポンサーにとって最大の痛手。
今後、どんどんCMの降板は加速していくでしょう。

CMの女王の名を縦にしていたベッキー。
終了してしまいましたね…。


そもそも、なんで人気があるのか…??

これはまた、不思議ですよね。
ここ数年で増えてきたハーフタレントの走り的な存在で、
それなりにキレイでかわいくて、
なによりも親しみやすくて、気が利く感じで好感度がある、
というのが一般的なベッキーのイメージだと推測されます。

しかし、はたして本当にそうなのか…?
かの有吉弘行は、ベッキーにこんなアダ名をつけています。

「元気の押し売り」
「よく見りゃブス」


…確かに、言われてみると納得してしまいますw。
「よく見りゃブス」は単なる悪口なんですがw、
角度によってはそんな風に見えるかも…
なんて思わせてしまうところに、有吉のアダ名マジックがあります。

ベッキーの特長である「元気」「カワイイ」を
あえて逆手に取って疑問を投げかける。

つまり、ベッキーはウザくてブスなんですw。
別の言い方をすれば、「ゲス」なのです。


ベッキーがゲスな理由

●妻帯者と交際した。
●不倫相手が「ゲスの極み乙女。」という名のロックバンドの
ボーカルであること。
●不倫相手とホテルで密会しているのにも関わらず、
 会見では「友達」と嘘の釈明をしている。
●不倫相手との間で離婚届のことを「卒論」と呼んでいた。
→LINEのやり取りで、離婚届のことを「卒論」と表現していた模様w。
●不倫相手の川谷は、既婚である事実を伝えずにベッキーに接近。
 後に白状するが、その後も交際を続けている。
●不倫相手の両親に会いに行くという恥知らず。

…とまあ、いっぱいありますねw。

人間、誰しも色々ありますよ。
これまでスキャンダルがなかったのが奇跡だったと
考えたほうが自然でしょう。

むしろ、私なんかはあのベッキーも不倫するんだと知って
逆にうれしいですよw。

その後ベッキーがどうなるか。
強くなって復活するのか。
そのままフェイドアウトしてしまうのか。

しかし、不倫は代償が大きいなぁ…。


関連記事
【ベッキー不倫】ゲス乙女・川谷は"二股体質"というキモすぎの展開
ゲス乙女ニューアルバム1/13発売!タイトルは『両成敗』というゲスな展開






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

福山雅治と結婚してもあまり叩かれない吹石一恵の秘密とは…? [芸能]






ついに福山雅治、結婚しましたね~。
「朝から仕事に手がつかなかった」
と嘆き悲しむ女性ファンも大勢いたことでしょうw。

とはいえ、結婚相手の吹石一恵の悪口は
あまり聞こえてこないですね~。

福山の人気といえば、もはや日本では「神」レベルなのでw、
「神」の妻となると相当なやっかみやら
誹謗中傷がありそうなものですが、
「お似合い」「いい人と結婚できた」といった
好意的な声が多数を占めています。

これは彼女がユニクロの「ブラトップ」のCMなどで見せる
上品かつセクシーな美しさというルックス的もさることながら、
スタッフや共演者からの評判の良さや、
元野球選手の父親との仲の良さなどといった
内面的・性格的な要素が好印象を与えていると思われます。

14lifeUniclo.jpg
http://www.sankei.co.jp/enak/2008/may/kiji/14lifeUniclo.html

お父さんの吹石徳一氏とは、
いまだにホッペにチューするというウワサ。
しかも、路上でもするそうですよw。
まさに理想の娘さんではないですか!

default_bf21ea313bb0f2602efe65a30f7e406c.jpg
www.nippon-shinyaku.co.jp



事務所の力がふたりの愛を育んだ??

福山と吹石は、2012年1月にフライデーに
スクープされております。

フライデー1.png

この時は双方とも交際を否定しました。
その後、熱愛報道は沈静化されましたが、
これはおそらく、ふたりの所属事務所が協力しあって
報道陣をうまくかわした結果でしょう。

最近の吹石のドラマ出演作を見ると、
共演者が福山の所属事務所のアミューズ系の俳優が
多かったりしているようです。

一部では櫻井翔との熱愛説も報じられましたが、
これも誤報の可能性が高く、スクープ後も事務所の尽力もあり、
福山と吹石は愛を育んでいけたのかもしれません。


しかし…アミューズ株暴落!

福山結婚との報道に、アミューズ株は
前日比8.3%安の4810円という結果に。
時価総額でいうと、なんと41億円の損失です!

ただし、アミューズは今をときめくSEKAI NO OWARIや
サザンオールスターズといったアーティスト、
佐藤健、吉高由里子、三浦春馬などの人気俳優を擁していることから、
このまま下がり続けるとは考えにくいとのこと。

福山結婚が社会に与える影響は、結構デカイですね…。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【五輪盗作】佐野研二郎氏は「鬼女」に狙われた! [社会]






ついに佐野氏のエンブレムが白紙撤回となり、
「われわれの完全勝利!」とネット民が快哉を叫んでいるようです。

当ブログでもネット民のパクリ調査能力の
すさまじさを指摘しているのですが、
(参照→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14
いくらネットの画像検索機能で探しやすくなったとはいえ、
膨大な量から該当する画像を見つけ出すのは、
テクニックはもちろん、それなりの時間が必要なはずです。

そんなにテクニックと時間のあるネット民とは、
いったいどんな人たちなのか?

それは「鬼女」でした。

IMG_1092up.jpg

既婚女性→既女→鬼女

という流れみたいですw。

「鬼女」は、佐野氏のパクリデザインのみならず、
事件の渦中にある人物の実名やその家族、
あるいはネットで不用意な発言やプライベートを晒してしまった
人物の特定などに恐ろしいまでの調査能力を持っています。

IMG_1094up.jpg

朝の情報番組『モーニングバード』による「鬼女」の人物像は、
社会人経験のある既婚女性で、ある程度お金と時間の余裕があり、
社会人経験と行動力を活かしてネットで暗躍している、とのこと。


「鬼女」のメリットとデメリット…!?

「鬼女」の調査能力によって、
犯人が特定されたケースもあります。

記憶に新しい北海道「しまむら店員土下座事件」は、
鬼女が土下座させた人物の氏名や住所、家族構成その他を
特定したといわれています。

土下座させた人物は、「話題の事件に感心を持っている」
姿勢を示したい道県の功名心もあってか、
強要罪で逮捕される事態となりました。

そうした反社会的な人物を晒しあげ、
容疑者を特定できることがある一方、
罪のない人の情報が誤って
ネット上で公開されてしまうケースや、
タレントのプライバシーが暴かれてしまうなど、
よろしくない方向に走ってしまう場合も少なくありません。

IMG_1114up.jpg

良くも悪くも民主主義の行き着いた先のような気もしますし、
今回のエンブレムのように、政治家や官僚、一部の関係者の
思惑が見え隠れする決定事項が、ネット民の民意により
ボトムアップされる形で事態が一変させることも可能になりました。

ただ、「鬼女」が大きな影響力を持ってしまうと、
嫌な感じの負の連鎖ができてしまうような気がします。

「鬼女」がもう一人の「鬼女」によって晒され、
また別の「鬼女」が現れる…。

マイナンバー制度が導入されると、
人物の特定はさらに容易になってくるのではないか?
なんて不安も頭をよぎります。

『1984年』という未来の管理社会を描いた
ジョージ・オーウェル作のディストピア小説があります。
小説では双方向テレビや、各家庭に仕込まれたマイクによって
個人の行動や思想が管理されていました。




しかし、現在の情報化社会は、
政府による管理もさることながら、
一般人同士がお互いの情報を探りあい、
晒しあっているような状況です。

5年後、10年後はどうこの社会が変化しているのか、
まったく予測はできませんが、
オーウェルが描くような世界には
なってほしくない限りです…。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【五輪盗作】デザイン料は200億円??尾木ママ、佐野氏に謝罪! [社会]






佐野オリジナル五輪エンブレムですがw、
セブンイレブンのおでんPOPのネタにされてしまいましたねw。

ike_150821oden01.jpg
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1508/21/news142.html

なかなか秀逸ですよね!
店長のセンスの良さが伺えます。

叩きに叩かれ、イジられっぱなしの今回の騒動ですが、
「エンブレムのデザイン料で200億円の収入が佐野のものに」
というさらなる悪いウワサがネット上で浮上。

当然、「パクリのくせに許さん!」の大合唱となったのですが、
実際、佐野氏に渡るのはデザイン制作料100万円のみとのこと。

このデマの発信源は、佐野氏のことを
「日本の恥」とまで酷評した尾木ママこと尾木直樹氏。

20150331_book_eye.jpg
http://www.jprime.jp/life/kodomo/9996/

尾木ママは、自身のブログでこう述べています。

「東京オリンピックのエンブレム デザイナーにはいるお金 200億!
と言われ 私たちもエンブレム入りのグッズ買えば料金の中には
デザイン使用料が入っているのではないのでしょうか!? 」

尾木ママが言う「デザイン使用料」とは、
おそらくライセンス料を指していると思われます。

エンブレムの著作権はオリンピック委員にあり、
売上の4~5%といわれるエンブレムのライセンス料は
デザイナーではなく、オリンピック委員会のものになります。

ロンドンオリンピックではグッズの総売上が
4000~4500億円だったそうで、その5%の200億円という金額が
一人歩きしてしまったのでしょう。

尾木ママはこの「ライセンス料200億円」という情報を
何かのテレビ番組で見聞きしたのだとか。
それを鵜呑みにし、ブログ記事にしてしまったそうです。
後に謝罪し、「今後は未知の世界の問題は
もっともっと慎重に学んでから」情報発信をすると
「大反省」している模様w。


200億円? 100万円? それとも…??

ネットの一部では、佐野氏に200億円が渡る、というより
「200億円の利権構造」という風に再解釈されています。

電博の仲良しグループが広告賞を与え合っていた「駄サイクルの輪」と、
(参考→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14-1
経産省課長職である佐野氏の兄の存在や、
多摩美の師弟関係などなどを絡めた利権構造があり、
佐野氏の一任でがエンブレムデザインを取り下げることは
できなくなっている、といった論調です。

今回のエンブレムで200億円だろうと100万円であろうと、
もはやどうでもいいと思います。

これまでにパクリデザインで散々広告賞を受賞し、
うまい汁を吸ってきた佐野氏。
その代償は、あまりにも大きかったのではないでしょうか。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【五輪盗作】めっちゃ気に入ってますやん…佐野氏、盗作バッグで会場入り?! [社会]






五輪エンブレム盗作問題に揺れる
デザイナーの佐野研二郎氏が18日、
後援会のため京都の会場入りしました。

sano.jpg

…ん?? なんとあのサントリー賞品デザインで
盗作疑惑のあったあのトートバッグを持っているじゃないですか!!
実はめっちゃ気に入ってるんですねw。
(もちろん加工です)


広報の対応の悪さが命取り

佐野氏は報道陣のカメラを目にするや
「撮らないでもらえますか」と不機嫌な表情。

高名なアートディレクターですから
自らの作品に自信があるのは当然でしょうが、
これだけ問題になっているのですから、
もう少し丁寧な対応をとってもよさそうなものです。

サントリー賞品盗作問題では広報担当の妻も
謝罪をしていますが、サントリーとエンブレムは
別の問題と断言し、
「1個ミスしたらすべてダメになるんですか?
エンブレムの制作過程に何か問題があるのですか?」
と逆ギレ。
これは、広報担当者が一番とってはいけない対応ですね。

夏季休暇中であるから調査が遅れるだとか、
佐野氏は監修の立場として責任を部下に押しつけるかのような
発言をしたりと、取材者の心象を損ねる残念な対応が目立ちます。

「広報対応のまずさは雪印、船場吉兆なみ」
と企業アナリストの大関暁夫氏も指摘しています。

不祥事が起きた際、ダメージを最小に留めるためにも、
誠実で迅速なメディア対応が大切ですね。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【佐野研二郎五輪盗作】今度は田辺誠一画伯参戦に佐野氏ついに辞退!? [社会]






佐野氏にアローサインをパクられた米デザイナー
ベン・ザリコー氏提案の五輪エンブレムは、
大方「ビミョー」という評価に落ち着いた模様w。
(参考→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-18-1

このエンブレム問題に業を煮やした(?)俳優の田辺誠一が
自作をツイッター上で披露。
田辺誠一といえば、独自のゆるい作風で
“画伯”の異名を欲しいままにしていますw。
渾身の2案がこちら。

tanabe1.jpg

tanabe2.jpg

…シンプルですね!
ネットでの評価は
「パクリでなければなんでも良い」
「ほんわかして良い」
「もっと良いのはあると思うが、
パクリエーターよりオリジナリティがある」
「もしこれが評価されたらスゴイことだ…」

…と、「パクリアレルギー」ともいえる反応を示していますw。


マスコミも批判を展開。さらなる盗用疑惑も。

これまで博報堂出身ということもあってか、
テレビなどでは直接的な批判はあまり見られない傾向でしたが、
ここに来てテリー伊藤や尾木ママといったタレント・文化人が
苦言を呈しています。

佐野氏の出身校で教授も務めている多摩美術大学は、
サントリー賞品デザインで模倣があった件について、
事情聴取する意向を表明しています。

そして、またまた新たな盗用疑惑が発覚。
名古屋市の東山動植物園のロゴマークが、
コスタリカ国立博物館のロゴマークと似ていると
市民からの指摘があり、同園は調査にあたっている模様です。

n-SANOKENJIRO-LOGO-large570.jpg
http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/18/sano-kenjiro-higashiyama-zoo_n_8001878.html

指摘されたのが“市民”というところに
佐野氏の孤立した状況が見て取れるような気がします。
完全に一般人からは三行半を下されてしまったのでしょうか…。

身内に甘い「駄サイクルの輪」の中に所属し、
広告賞を連発していた時代は、終わりを告げました。

ある意味、佐野氏は広告業界の悪しき体質の
スケープゴートになってしまったのかもしれません。

ま、パクることがいけなんですけどねw。


【関連記事】
佐野研二郎パクリ疑惑を追求するネット民の努力がハンパない件

【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件

【佐野研二郎五輪盗作】夫婦で「実務は部下」と主張

【佐野研二郎五輪盗作】「BEACH」作者のベン・ザリコー氏、佐野氏に挑戦状!

【佐野研二郎五輪盗作】パクリエイター・佐野研二郎はなぜこんなにも嫌われるのか??

【佐野研二郎五輪盗作】ザリコー案、ついに公開!






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【佐野研二郎五輪盗作】ザリコー案、ついに公開! [国際]






佐野氏にデザインをパクられたアメリカのデザイナー
ベン・ザリコー氏は、五輪エンブレムの代案を提出すると
予告していましたが、
(参照→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-17
ついに新しいロゴを発表しました!

11885154_1100332949994444_6914123582972066065_n.jpg
https://www.facebook.com/pages/Zaricor-Originals/109247355769680

…はいw。

ザリコー氏による解説は、以下のとおり。

●右(東)に赤い太陽。
 日本の精神とともにオリンピックの聖火を象徴。
●T型の波は、東京とトーチを表している。
 上部の赤い丸と下部の波のトーチでオリンピックを表現している。
http://pirori2ch.com/archives/1876793.html

まあ、葛飾北斎の有名な波の表現を引用しているのでしょう。
シンプルでもなく、華やかでもないですかね…?

ザリコー氏のFacebookを見ても分かる通り、
彼は看板デザイン制作をしているデザイナーで、
海に関連するものが多いみたいですね。
波を入れてきたのは彼の個性といえるでしょう。

佐野氏よりも良い!という声も少なくないですが、
どうなんでしょ?w

どちらにせよ、佐野エンブレムだと
マイナスイメージしか残らないのでw
白紙撤回して、新たに選び直すしかないように思います。


【関連記事】
佐野研二郎パクリ疑惑を追求するネット民の努力がハンパない件

【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件

【佐野研二郎五輪盗作】夫婦で「実務は部下」と主張

【佐野研二郎五輪盗作】「BEACH」作者のベン・ザリコー氏、佐野氏に挑戦状!

【佐野研二郎五輪盗作】パクリエイター・佐野研二郎はなぜこんなにも嫌われるのか??






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【佐野研二郎五輪盗作】パクリエイター・佐野研二郎はなぜこんなにも嫌われるのか?? [社会]






佐野バッシングがこれでもかというくらい
展開されていますが、なぜそんなにも嫌われるのか?

その輝かしい経歴によりジェラシーを持たれやすく、
ちょっとしたミスでネット民から批判される、
という傾向はあるでしょう。

嫌われ&ジェラシー要素
①多摩美術大学出身
②博報堂出身のアートディレクター
③数々の受賞歴
④受賞した賞にまつわる「駄サイクル」疑惑
(参照→http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14-1
⑤在日の疑い
⑥五輪盗作疑惑が発覚した際の対応の悪さ

叩かれる要素満載ですw。
彼をリスペクトし賛美する人ももちろんたくさんいる(いた)のですが、
それと同数かそれ以上のアンチが潜在的にいます。

同じく博報堂出身のアートディレクター佐藤可士和氏も、
ファンとそれと同数以上かもしれないアンチがいることで
知られています。

彼が手がけたユニクロやGUのロゴはシンプル過ぎて
「誰でも作れる」と叩かれ、セブンカフェのデザインは
スタイリッシュ過ぎてボタンの位置がわかりにくく、
店員にPOPを貼られまくっている…と批判されております。

キャンペーン.jpg

↓セブンカフェ 佐藤氏オリジナル
tumblr_mpblf9U3ZY1sxag89o1_500.jpg

↓セブンカフェ 店員POPアレンジ
tumblr_mpqei5Jk6z1sxag89o1_1280.jpg
http://jamblog.sblo.jp/article/75831324.html

揚げ足取りに見える批判もあるのですが、
ミスがあると徹底的に叩かれる、という傾向は、
大手広告代理店出身で多数の受賞歴を誇る
アートディレクターの宿命かもしれません。


やはり「辞退」しか道がなかった…?

リエージュ劇場のロゴ制作者である
オリビエ・ドビ氏からの差止め要求を受け、
佐野氏は8月5日に釈明会見を開きました。

20150805125038opip.jpg
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7470.html

これがよくありませんでしたねw。

真ん中にTがあって、フォントがどうで、
楕円が64年のエンブレムをイメージさせ、
9分割して赤い丸を心臓の位置に置いて…

…なんて説明をしていたかと思いますが、
これ、ホントどうでもいい説明どころか、
一般人にしてみるとすべて言い訳にしか聞こえず、
反感しか買わない会見だったと思います。

あの会見で佐野氏が求められていたのは、
ロゴの説明ではなく、「謝罪」と「辞退」の2つでした。

ネット民だけではなく、一般人からも
佐野氏のエンブレムは受け入れられなかったのです。

その理由は、パッと見の華やかさに欠けていたからでしょう。
ポップでかわいらしい招致ロゴが人気でしたので、
それと比べるとどうしても地味さは否めません。

pimg_930_1_1.jpg

あの時点ですでに佐野バッシングは始まっており、
どんなに説明してもエンブレムのデザインは
受け入れられない状況でした。

そんな状況で、佐野氏が取りうる行動は
「謝罪」と「辞退」しかなかった、と考えられます。

この2つさえしていれば、「意外と潔い」という印象になります。
特に日本人は、自分の非を早々と認める潔さが好まれるので、
過去の作品のパクリ疑惑に飛び火してしまうまでの
バッシングには発展しなかった…かもしれません。

遅かれ早かれ、今回のエンブレムは
白紙撤回される可能性は高いと思われますが、
佐野氏の一般的なイメージの回復は難しいでしょう。

それでも、佐野氏は広告代理店の「駄サイクルの輪」に
しっかりと組み込まれています。

これも佐野氏が嫌われる大きな一因なのですが、
この輪に外されない限り、仲間内で仕事は回ってくるのではないか…
という懸念が、一般人をさらに遠ざける結果となるでしょう。


【関連記事】
佐野研二郎パクリ疑惑を追求するネット民の努力がハンパない件

【佐野研二郎五輪盗作】キレイな駄サイクル…完全に内輪で受賞し合っている件

【佐野研二郎五輪盗作】夫婦で「実務は部下」と主張

【佐野研二郎五輪盗作】「BEACH」作者のベン・ザリコー氏、佐野氏に挑戦状!

【佐野研二郎五輪盗作】ザリコー案、ついに公開!






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。