So-net無料ブログ作成

『老人力』、”トマソン”など…芥川賞作家の赤瀬川原平さん死去 [社会]





前衛芸術家で作家の赤瀬川原平さんが亡くなりました。
享年77歳。

snap.jpg

エッセー『老人力』のヒットで
なかなかしぶとい活動をしているなー
という印象だったのですが、それも1998年のこと。
15年以上も前の話ですねw。
流行語大賞も受賞し、
高齢化社会に対応するスローライフ的な考え方を示しました。

41CRN78KXDL._SL500_AA300_.jpg

ジャンルを飛び越えてユニークな活動をしているため、
赤瀬川原平から連想される作品は、
人それぞれ違ってくるかもしれません。


古くは『宇宙の缶詰』「千円札裁判」を引き起こしたアート作品。

uchu.jpg

img_0.jpg

雑誌『宝島』の読者投稿コーナ「VOW」や
「ナニコレ珍百景」などに影響を与えた
と思われる「超芸術トマソン」

2_6.jpeg

o0300040012167343676.jpg

アート活動はさておき、彼のエッセーや小説は好きだ、
という向きの方もけっこういるみたいです。

小説家としては「尾辻克彦」を名乗り、
『父が消えた』で1980年に芥川賞を受賞しました。

51161zXB5TL._SL500_AA300_.jpg

『学術小説 外骨という人がいた』では、明治・大正から
昭和初期にかけての反骨のジャーナリスト・
宮武外骨を再評価しました。
この宮武外骨という人、
なんとアスキーアートの元祖でもあるらしいです。

TKY201007130323.jpg
http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY201007130327.html

意外だったのは『新解さんの謎』
三省堂の『新明解国語辞典』の
独自解釈がおもしろいという発見を伝えてくれました。


411Weg+OgsL.jpg

どうしても難解でややこしい印象のある
前衛芸術ですが、新しい考え方や見方を
わかりやすく面白おかしく提示してくれた
日本では稀有なアーティストでした。

さて、赤瀬川原平のリバイバル、
しばらくはちょっと来ますかねぇ~…。



Sponsored Link

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。