So-net無料ブログ作成

エボラの特効薬「アビガン」、中国にパクられてた! [国際]





エボラ出血熱の特効薬として注目されている
抗インフルエンザ薬「アビガン錠」ですが、
なんと、かのパクリ王国・中国で同成分の薬が製造されていると、

世界保健機関(WHO)の専門家の会合で明らかになりました。

アビガン錠については、こちらの記事も参照。
http://jamupansalotmore.blog.so-net.ne.jp/2014-11-23

アビガン錠をパクったとされるのは、
「JK‐05」という中国の抗インフルエンザ薬。
特許法に抵触する可能性は高く、
開発情報が中国側に漏れていた疑惑が
経済誌『FACTA』11月号で指摘されています。

こちらの動画も参照。


で、中国での反応はというと、
「薬剤は数千人単位の人命を救うだけでなく、
世界的に中国の製薬会社に大きな名誉となることは明らか」


さすが中国5000年の歴史ですね~w。

中国政府は実験ワクチンJK‐05を数千回分
アフリカに送ることを決定したそうです。

しかし、成分が同じといえども効果が同じだとは
必ずしもいえません。
このままだと、アビガンの劣化コピーが
世界中にはびこる可能性もあります。

一方、富士フイルムも
「感染がさらに拡大しても、十分な量を継続的に供給できます」
と発表。アビガン錠の在庫は2万人分あり、
製剤前の減薬は30万人分を保有しているそうです。

相変わらずの中国のパクリ根性には呆れますがw、
エボラ出血熱の早期の解決を願うばかりです。



Sponsored Link

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。