So-net無料ブログ作成

涙する黒人少年と白人警官のフリーハグ写真が話題に [国際]





2014年8月、米ミズーリ州ファーガソンで
黒人青年のマイケル・ブラウンさん(18)が
白人警官に射殺された事件、
通称「ファーガソン事件」をきっかけに、
人種差別を批判するデモなどの抗議活動が
アメリカを中心に起こっています。



米国史上初の黒人大統領オバマが登場したといえども、
人種差別問題解決の道はまだまだ遠く険しい道です。
それでも希望を捨ててはいけないことを
改めて気づかされたのが下の写真。

5e9f19ac.png

これは、オレゴン州ポートランドで
ファーガソン事件抗議デモに参加していた12歳の黒人少年が、
涙を流しながら警察官と抱き合っている写真。
SNS上に公開され、「世界中でシェアされているハグ

として話題を集めています。

この写真のストーリーは、こんな感じだったそうです。

デモの最中、「フリーハグ」のボードを首にかけた黒人少年が、
目にいっぱい涙を溜めて泣いています。
「なぜ泣いているのか?」白人警官が尋ねました。
「最近の警官は黒人の子供にものすごく強暴で恐ろしい」
黒人少年が答えると、
「確かにその通りだ。ごめんね。」
白人警官はそれを認め、少年を抱きしめたのだとか。


フリーハグとは…??

「free hugs」というプラカードを立てて
見知らぬ人と抱き合うのをフリーハグというそうです。
フリーハグの画像や動画をアップしている
日本人の若者もいるみたいですね。

素晴らしい何か、例えば愛・平和・ぬくもりを
生み出す行為なんだそうです。

これだけで人種差別問題が解決するわけではありませんが、
スキンシップは大切です。

ただ、日本人はシャイな人が多いせいか、
あるいはフリーハグの認知度が低いせいか、
渋谷でやったとしても素通り率が高いそうです…。



Sponsored Link

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。